リレンザは正しく吸引しないと効果がない

リレンザとは、インフルエンザの治療のための経口吸入薬です。最近では、インフルエンザワクチンの代わりとして予防の効果もあると言われています。しかし、治療用と予防用ではリレンザの使用方法が異なり、また正しく吸引しないと効果が期待できないという点が指摘されています。治療用では1日2回の投与を5日間、予防用では1日1回の投与を10日間続けます。通常、成人および小児は1回10mgを、専用の吸入器を用いて吸入します。リレンザを治療に用いる場合は、インフルエンザ様の症状があらわれてから2日以内に使用します。予防で使用する場合は、インフルエンザウイルス感染者に接触後1.5日以内に使用を開始します。慢性呼吸器疾患のある人で治療に用いる吸入薬を併用する場合には、この薬の前に使用します。専用の吸入器を用いて、口腔内吸入にのみ使用し、吸入はリラックスした姿勢で行います。リレンザの使用方法は、まず薬がこぼれないように吸入器を水平に持ったまま、無理のない範囲で息を吐き出します。そしれ薬を吸い込んで息をこらえ、吸入口をくわえて早く深く息を吸い込みます。このとき、側面にある空気孔をふさがないように注意しましょう。吸入し終えたら吸入器を口から外し、無理のない範囲で2~3秒息を止めます。このとき、できるだけ早く最初の1回分を吸入するようにします。また、ディスクのブリスターは吸湿性が高いので、吸入する直前まで開封しないように注意します。リレンザは即効性がありますが、このように吸入操作がやや複雑なところがあります。吸入器を斜めにすると薬が溢れ、吸入する際に失敗することもあります。なので、使用方法をしっかりと理解した上で準備し、服用する必要があります。

リレンザの主な作用

インフルエンザと言えばリレンザ、リレンザと言えばインフルエンザという位、インフルエンザ薬としてリレンザは有名な薬なのです。そしてリレンザの主な作用としては2種類あると言われており、1つが治療薬としての作用であり、もう1つが予防薬としての作用です。そして通常多くの人が思い浮かべるのが、治療薬としての作用です。インフルエンザになってしまった場合は吸入薬として使うのですが、タミフルと並んで非常に効果の高い薬として人気です。更にタミフルと違って妊婦も安心して使用することが出来ますので、相対的な人気はタミフルよりも高いということが言えるのです。
それから意外と知られていないのがリレンザの予防薬としての作用です。なぜあまり人々に知られていないのかというと、そもそも予防薬として使用したことのある人があまりいないからです。どうしてあまりいないのかと言うと、リレンザを予防薬として病院に処方してもらう場合は自分が加入している保険が適用されませんので、全額自己負担になってしまうからです。なので全額自己負担になってしまう位なら予防薬なんかいらないと思ってしまう人が多くなり、その結果としてリレンザの予防薬としての側面については、あまり多くの人に知られないことになったのです。
まさに治療も予防も出来る万能の薬ということが言えますが、当然使用したからといって誰しもに満足のいく効果が現れるわけではありません。人によっては体質等が影響して、思った通りの治療効果が予防効果が得られないこともあるのです。そしてそれは何もリレンザだけに限った話ではなく、薬というのは基本的にどの薬も同様の性質を持っているものなのです。なので自分に合う薬を探さなければいけません。

インフルエンザ薬リレンザとタミフルの違い

インフルエンザ薬には色々な種類がありますが、特に代表的で有名なのが、リレンザとタミフルです。この二つの薬については、インフルエンザにかかったことのない人であっても知っているという位有名です。何故ならインフルエンザにかかってしまった場合、医者から処方される薬はまずこの二つの薬のうちのどちらかという場合が多いからです。しかしリレンザとタミフルは共にインフルエンザを治療し、そして予防をすることが出来るという共通点がありますが、当然相違点もあります。主な相違点にはどのようなものがあるのでしょうか。
まずタミフルの場合は、妊婦が基本的には服用出来ないという特徴があります。なので基本的にタミフルは妊婦とは縁のない薬なのです。もしもインフルエンザ患者が妊娠しているということが分かった場合、タミフルを処方してくる医者はまずいないと言っても良いでしょう。
それに対してリレンザの場合は妊婦でも安心して使用することが出来るという特徴があります。まさにタミフルとは正反対の特徴なのです。妊婦がリレンザをインフルエンザの治療として使っても当然大丈夫ですし、予防として使っても大丈夫なのです。これは多くの薬の服用が禁止される妊婦にとって、大変有り難く助かることなのです。
それから細かい所では、値段も当然リレンザとタミフルとでは微妙に異なってきます。妊婦の場合はリレンザ以外に選択肢がありませんので、インフルエンザになってしまった場合はリレンザを服用してもらうしかありません。しかし妊婦以外の普通の人ならばリレンザとタミフルのうち、自分が合うと思うものを処方してもらうことが出来ます。もちろん最終的に何を処方するか決めるのは医者ですが、色々と相談してみても良いものです。
■治療薬を通販してインフルエンザ予防
インフルエンザの治療について
通販でリレンザを購入

トップページへ