リレンザは出血熱の次に恐ろしいh7n9に有効

リレンザは抗インフルエンザ薬、つまりインフルエンザ治療薬です。
タミフルなどと違い、吸入器を使用して、直接喉の粘膜へ薬剤を塗布することが出来るので、
小さなお子さんでも使用しやすい薬です。
しかし、吸入するということですので、気管支ぜんそくなどの喉の疾患のある方は注意が必要です。
リレンザは、インフルエンザ罹患後、48時間以内の服用で、喉粘膜からのウィルスの増殖が抑えられて、
他の細胞へのウィルスの感染を防ぐことが出来ます。
また、タミフルなどよりも副作用の報告が少ないのですが、一部に異常行動などの発現が見られるという報告もあります。
ただし、この異常行動と、リレンザとの因果関係が立証されていないため、明確な副作用とは呼べません。
インフルエンザといっても、種類は多数あります。
A型、B型、C型と、最近ではエボラ出血熱、コンゴ出血熱といった一類感染症と呼ばれる、
感染症の中でも極めて危険度の高いものの次に来る、鳥インフルエンザA型(h7n9)があります。
一類のエボラ出血熱、コンゴ出血熱は基本的に罹患が確認されると、隔離され、過去にさかのぼって
行動範囲にいた人たちのウィルス感染を確認する必要があります。
h7n9は、中国で生まれた鳥インフルエンザA型で通常のインフルエンザA型に比べて
かなり病原性の高いウィルスだといわれており、二類感染症に指定されています。
中国国内ではこのh7n9の人から人への持続的な感染は確認されていませんが、早急な対策が必要な感染症です。
現在では有効な治療法を確立中でありますが、リレンザやタミフルといった抗インフルエンザ薬を、早期に服用することが
症状の重篤化を防ぐ方法だといわれています。

横浜市泉区でも入手可能なリレンザとは

横浜市泉区であれば入手することも可能な医薬品になります。リレンザとはインフルエンザ治療薬になります。インフルエンザとは風邪とは違い、ウイルスが原因で引き起こす症状です。ウイルスの増殖を抑えることで治療でき、またリレンザがその役割を担います。横浜市泉区のクリニックでも処方できますので、医師と相談して使ってください。

このリレンザは内服する医薬品ではなく、吸入するタイプの医薬品になります。吸入する方式になりますので、ちょっとした工夫が必要です。横浜市泉区のクリニックでも、使用方法を教えてくれますので安心してください。ただし、しっかりと身に着けて自宅に帰らなければ十分な治療ができません。特に子供やお年寄りはひとりではうまく吸入することができないことが多いのが、このリレンザの特徴でありデメリットです。傍についてしっかりと使うことができたのかを確認するようにしてください。

このリレンザという医薬品の優れた部分は、予防できるという点にあります。しかし予防に使うには制限があり、身近にインフルエンザに感染した人がいなければ、処方されません。また保険を使うことができませんので、すべて自己負担にありますから医療費が高くなるでしょう。比較的新しい治療薬になり、48時間以内にリレンザを使うことで、重症化を防ぐことができます。特に子供やお年寄りには高い効果を期待することができるでしょう。

他のインフルエンザ治療薬で副作用が出る医薬品もあります。リレンザはそのような副作用ができにくい医薬品として知られていますが、それでも副作用が出ることもあります。副作用と思われる症状が出た場合は、医師に相談して判断を仰いでください。

自然に治るインフルエンザ、リレンザは死者を防げるか

インフルエンザ治療薬として、タミフルとともによく使用されている薬がリレンザです。薬の働きはどちらも同じで、インフルエンザウイルスの増殖を阻害します。タミフルは飲み薬なので使いやすく、一時期には大量に用いられました。しかし飲んだ人がマンションから飛び降りて死者を出すなどの事例が報告され、不安視されるようになりました。そのかわりにリレンザの使用量が増えたという経緯があります。
タミフルと飛び降りの因果関係は証明されていません。インフルエンザにかかり高熱を発すると、頭がぼんやりして異常行動を起こす可能性もあるので、それが原因とも考えられます。リレンザは喉や鼻に直接吸い込むので、脳へ回ることは少ないとされています。リレンザを使用して死者が出たというニュースは聞きませんが、異常行動が見られたという報告はあります。しかしこの場合も、熱のせいかもしれず、はっきりしたことは分かっていません。
もともとインフルエンザは人間に備わった免疫の力により、自然に治るものです。治療薬がない時代には、解熱剤や点滴で対症療法をするしかありませんでした。リレンザはインフルエンザのかかりはじめに使用すれば、ウイルスを増やさないため、自然治癒を早めることができます。しかし症状が出てから2日以上経っていると、ウイルスは十分に増えているので、あまり効果がないとされています。
免疫力の弱い高齢者や幼児がインフルエンザに感染すると、症状が重くなりがちです。この場合は早めにリレンザを使用することで、死者を出さないようにできるでしょう。ただしウイルスを退治するのはあくまで免疫力ですから、安静にして栄養を摂取し、自然回復に努めるのが本来の治療法と言えます。

A型B型インフルエンザに効果のあるリレンザの注意点

リレンザは、A型、B型ともにインフルエンザに効果的な治療薬として、医療現場では積極的に使用されています。

リレンザのメリットは、リレンザは吸入タイプの治療薬であるため、吸入することで体内で緩やかに吸収され、タミフルなどの服用タイプの治療薬に比べて副作用が出にくいと言われています。また、リレンザに耐性を持つウイルスはまだ存在しないので、A型、B型問わずどのタイプのインフルエンザにも対応することが可能です。

リレンザのデメリットは、吸入して体内に取り込む必要があるために小さな子どもや高齢者には使用しにくいということ、呼吸器系の疾患を抱えている人が使用すると、呼吸器系の症状が悪化してしまうリスクがあるという注意点があります。

さらに、幼児や未成年者の場合、インフルエンザ発症後にリレンザなどの治療薬を使用すると、普段とは違い行動を取ったり、うわ言を言う、突然興奮状態になる、幻覚が見える、妄想する、意識混濁、意識を失う、痙攣が起こるといった異常行動などの精神、神経症状が現れることがあります。自宅で療養する場合、異常行動による事故を防ぐために治療開始後2日間ほどは常に行動を監視しておく必要があります。

リレンザは、A型、B型両方のインフルエンザに効果的な上、副作用が起こりにくいというメリットがありますが、必ず副作用が起こらないとは限りません。副作用として、鼻の炎症 や鼻血、下痢、頭痛、腹痛、発疹、悪心、嘔吐、嗅覚障害が報告されています。リレンザを服用する際は、注意点を知っておく必要があります。注意点として、免疫力が低下している、過敏症や慢性の代謝性疾患がある、気管支喘息、肺気腫などの呼吸器疾患のある、妊婦、乳幼児、高齢者の場合は、医師に相談してください。かゆみやむくみ、蕁麻疹、発疹、蕁麻疹、呼吸困難、血圧の低下などが起こった場合は、使用を中止し、すぐに医師に相談するようにしましょう。

感染期間中リレンザを吸入していても換気は必要か

リレンザは抗インフルエンザ薬のひとつで、インフルエンザと診断された場合、タミフル同様処方されることが多い薬です。
インフルエンザはウイルスによる感染症で、ウイルスが体内に入るとすぐに細胞に入り込んでいきます。潜伏期間は2日ほどですが、粘膜にウイルスがついた場合体内での増殖は早く、重い症状が突然現れます。
インフルエンザの症状は突然高熱が出る、関節痛を主とし体のさまざまな部分が痛くなる、ひどい倦怠感がある、などがあります。なおインフルエンザの感染期間は7日ほどですが、3日目が一番感染力が強いです。
突然の高熱が出た場合は医療機関に受診し、鼻の粘膜をとりインフルエンザかどうかの判定をしてもらいます。インフルエンザとわかるとタミフルかリレンザなどが処方されます。リレンザはパウダー状になっているので吸い込む形で体内に入れます。副作用はあまりありません。感染期間の5日ほどは1日2回吸入します。
インフルエンザは感染者の咳やくしゃみによっておこる飛沫感染、ウイルスがついているものに触ってしまう事による接触感染、不特定多数の場所でかかることの多い空気感染があります。主に飛沫による感染が多いので、部屋の換気をするのが重要になってきます。インフルエンザは乾燥した空気を好むので、感染期間中は換気をこまめにし、適度に加湿を行うようにします。また、人ごみに出る際にはマスクをし、外出先から帰ってきたら手洗いをするようにします。
リレンザはインフルエンザウイルスの増殖を抑える薬ですが、家族にインフルエンザの感染者がいて、自分自身慢性的な疾患がある場合は予防薬として処方されることもあります。ですがその場合でも換気や加湿に努め、インフルエンザにかからないように配慮します。

中耳炎を発症するインフルエンザと治療薬のリレンザ

インフルエンザや風邪にかかると中耳炎になりやすくなります。インフルエンザで起こる中耳炎は血行性のもので、一般的な症状のものより重症化することあります。成人よりも子供に多く見られますが、症状や治療法は成人も子供も同様です。中耳炎の症状が出たら、強く鼻をかまないようにして、早めに耳鼻科で受診をすることをおすすめします。乳児が急性中耳炎にかかった場合、言葉を話すことができませんので、様子から判断して気づいてあげる必要があります。言葉を話せない子供は耳をひっぱったりするので、そういった行動から判断しましょう。鼓膜が破裂して体液や血液が流れ出すといった耳垂れを起こすこともあります。インフルエンザの治療薬にはリレンザがありますが、これはA型インフルエンザとB型インフルエンザの両方に効果があると言われています。リレンザは経口薬ではなく吸入薬で、専用の吸入器が必要となります。1回2吸入を1日2回繰り返し、それを5日間続けることになります。リレンザはウイルスの増殖を抑える効果があり、発症後48時間以内に投与を開始するのが望ましいです。その時間を過ぎると、あまり効果が出ませんので、早めの使用を心がけましょう。リレンザの長所は吸入薬なので体内への吸収が緩やかで、副作用が出にくいことやリレンザ耐性ウイルスがないというところです。短所は吸入薬になっているので、乳幼児や高齢者が使用するのが困難な場合があるのと、呼吸器系に疾患がある人は症状が悪化するというリスクがあります。リレンザは世界で最初に開発されたインフルエンザ治療薬として知られており、その効果も安定しています。インフルエンザウイルスは呼吸によって鼻やのどに吸い込まれて気道で増えますが、リレンザは粉状の薬を吸入するタイプなのでウイルスが増殖する気道に直接作用します。1分後にはウイルスの増殖を抑えてくれるため、長年治療薬として使われています。

インフルエンザの前兆にワクチンかリレンザを利用

インフルエンザの前兆としてはだるさ、関節の痛み、食欲不振、はきけなどほぼ風邪と同様の症状となることが多いです。そのため、風邪薬で対処する方が多いのですが、風邪薬では症状を和らげられても解消はしません。インフルエンザはウイルスによる病気なので風邪薬ではだめなのです。12月から春先までの間に前兆が出ている場合は迷わず医師の診察を受けるべきです。前兆が多少であればインフルエンザの検査をしてくれます。発症前でもウイルスがいるかどうかわかりますし、潜伏期間であれば対処もしやすいです。インフルエンザウイルスの潜伏期間は数日と言われており、早い場合には1日程度で発症します。インフルエンザが発症すると急激な発熱に悩まされることになりますが、ワクチンやリレンザなどを投入することで症状を改善することが可能になっています。インフルエンザワクチンはインフルエンザの型が分かっていないと利用できませんが、予防的に利用されることも多いです。また、リレンザもワクチン同様ですが、型が分かっていなくても効果が期待できるのがうれしいところです。リレンザはインフルエンザウイルスのA型、B型にきくのでワクチンよりも対応範囲が広いです。リレンザは予防では1日に1回、治療なら1日に2回、専用の吸入器で吸うことになります。ディスクと呼ばれる円盤に4つ程度粉末が塊でまとまっており、吸入器でディスクの中の粉を吸い込みます。同様の薬にタミフルがありますが、タミフルは錠剤なので飲み込めない場合もあります。リレンザの場合はゆっくり吸い、気管で吸収させるので年齢問わず利用できるので人気があります。ただし、タミフル同様、未成年者の場合は暴れたり、不審な行動をしてしまう事例が確認されているので吸入後はしばらく観察してあげることが必要です

トップページへ