A型B型インフルエンザに効果のあるリレンザの注意点

リレンザは、A型、B型ともにインフルエンザに効果的な治療薬として、医療現場では積極的に使用されています。

リレンザのメリットは、リレンザは吸入タイプの治療薬であるため、吸入することで体内で緩やかに吸収され、タミフルなどの服用タイプの治療薬に比べて副作用が出にくいと言われています。また、リレンザに耐性を持つウイルスはまだ存在しないので、A型、B型問わずどのタイプのインフルエンザにも対応することが可能です。

リレンザのデメリットは、吸入して体内に取り込む必要があるために小さな子どもや高齢者には使用しにくいということ、呼吸器系の疾患を抱えている人が使用すると、呼吸器系の症状が悪化してしまうリスクがあるという注意点があります。

さらに、幼児や未成年者の場合、インフルエンザ発症後にリレンザなどの治療薬を使用すると、普段とは違い行動を取ったり、うわ言を言う、突然興奮状態になる、幻覚が見える、妄想する、意識混濁、意識を失う、痙攣が起こるといった異常行動などの精神、神経症状が現れることがあります。自宅で療養する場合、異常行動による事故を防ぐために治療開始後2日間ほどは常に行動を監視しておく必要があります。

リレンザは、A型、B型両方のインフルエンザに効果的な上、副作用が起こりにくいというメリットがありますが、必ず副作用が起こらないとは限りません。副作用として、鼻の炎症 や鼻血、下痢、頭痛、腹痛、発疹、悪心、嘔吐、嗅覚障害が報告されています。リレンザを服用する際は、注意点を知っておく必要があります。注意点として、免疫力が低下している、過敏症や慢性の代謝性疾患がある、気管支喘息、肺気腫などの呼吸器疾患のある、妊婦、乳幼児、高齢者の場合は、医師に相談してください。かゆみやむくみ、蕁麻疹、発疹、蕁麻疹、呼吸困難、血圧の低下などが起こった場合は、使用を中止し、すぐに医師に相談するようにしましょう。

トップページへ